バナー写真の影

ようこそ! 水素顕微鏡の(TF技研)へ!

ご挨拶    TF技研では固体表面に存在する水素の受託分析を行っております。

上田代表の写真

いまや燃料電池車が市販されるなど2010年代は水素社会(あるいは水素文明)に突入しております。水素貯蔵、水素タンク、水素ニッケル電池の負極材などの材料研究に 水素を検出する装置はまだ市販されておりませんが、TF技研では独自の装置を考案して、水素の検出や水素顕微鏡像を取得することができ、受託分析として貢献しております。
水素の検出には数百電子ボルトの極めて低エネルギーの電子ビームによる電子励起脱離(electron Stimulated Desorption, ESD)を応用して飛行時間法(TOF)を採用して水素や酸素などの 質量分析を行っております。電子ビームは容易に絞ることができるので空間分解能を最大で100nm程度まで向上させることができます。
初期酸化や化学反応による吸着物の変化及び、触媒反応を調べることもできます。昇温脱離法を使用して試料の表面や内部に含まれるガス成分の分析もin-situにできます

メールアドレス

「uedakzyk アットマーク nifty.com」(メールを送信する場合は、左記アドレスをメールソフトの送信先にコピペし「アットマーク」を「@」(半角)に書き換えてください。 スパムメール防止の措置です。